お返事「私のせい」

そんなこと、あるはずありません。

確かに、何か妙に距離感近いな~とは思いましたけど。

 

「私のせいでしぃちゃんが甘えちゃったんじゃないか」

はい。甘えちゃいました。何故なのか、話していると自分を出せました。だって、私のこと見透かしているから。でも、だからって100%出してしまうほどバカじゃなかったですよ。話は長かったですね。話し終わって見送った後は早かったなぁ~なんて思ってましたけど。私、応援したかったんです。子どものことにも、家のことにも、その他でいろんな役をしていて一生懸命だし、前を向いて、頑張って、楽しんで向き合う姿は素敵でした。私には足りていない部分なのでそう思ったのかもしれません。

だからかな。聞いてあげたいし、私のことも聞いてほしかった。励ましてほしかった。「僕は先生のことすきですよー」って言ってほしかったです。

 

「私のせいで保育園辞めさせちゃったんじゃないか

「私のせいで辞める決心を早くしてしまったんじゃないか」

これも否定します。3月にクレームを受けて、あの一番落ち込んだときに話を聞いてくれたこと、何よりも感謝しています。

今までも、そして今でも支えられてます。この状態は少し悔しいですけど。笑

辞める決心、この時してました。副園長にも言いました。だけど、時期的に4月からのクラスは決定してるし新人さんには顔合わせしてたし、ってことを言われて。何よりも先生は悪くないんだから堂々としてなさいって。

その時、私は自分で決心しました。

「4月からの1年間やり切って辞めよう」って。

それなのに、こうなってしまったのは自分の弱さです。私があの人を拒否してしまったからなんです。5月の未満児保育参観、本当に怖かった。

私のクラスがホールで運動遊びしていたんです。なんか視線感じるって思った先、ホールの廊下にあの人が赤ちゃんを片手抱きして立っていました。ばらの保護者と二人でこっちを見ていました。

なんで見ちゃったのか。そもそもホールで運動させてなければあの視線を感じなくて済んだのにって後悔しました。

あの時、4月から心機一転頑張ろうってしてた自分の気持ちが崩れていくのが分かりました。それから6月以上児の保育参観。ばら組側さくらんぼAの窓のところから見ているあの人に気付いてしまいました。(見られていると意識しすぎる私がいけないんですけど)私のことなんか見ていないと思っても、頭の中はあの日受けたクレームで占領されてしまって。すごく苦しい朝礼でした。

はとぽっぽの時、前にでて子どもたちを見ているのに息苦しくなってめまいのようになった感覚がありました。2番を踊りだしたとき、冷や汗をかいた瞬間は本当に倒れてしまうのではないかと思いました。

その時に思いました。行事の度に、こんな感覚に陥ってしまうんじゃないかって。

気にしないって呪文のように唱えたって、絶対そうならないことが私にはわかっていました。そこからです。ずっと負のループ。眠れなくなって悪夢を見て、自分が自分じゃなくなった。この感覚、本当にきつかったです。寝ても覚めても苦しみ続けるんです。こんな恐怖、あっていいのかってくらい。そこから休職になってって感じなので。もうかずちゃんのせいとか1ミリもないので。気にしないで、これからもできる限り楽しいお話しして下さい。

 

 

 

思い返せばクレームは今までに何回もありました。

年長担任のときはひどかった。なんでも言えちゃう人が、羨ましくもなりました。クレーム言ってきた人は、それでも私が笑顔で対応してきたことにさらに腹を立てたらしいです。じゃあ、落ち込んだ表情見せたら満足したのかなって悩みました。

どうなのかなー、考えても人によると思うので止めておきます。

 

こんな思い、もうしたくないな。

今、外で花火の音がします。

いいなー、でもいいんです。お昼に彼から連絡がありました。来週半ばくらいの予定です。一週間前、何か鼻声だったんです。そんなことないけどっていわれたけど、そんなことなかった。体調あんまかなって思ってたからゆっくりしてほしいな。でも、土曜日は誰かと飲んでそう。それでも彼が笑ってて楽しいなら全然いい。

私、彼と会うのが面倒になって断って友達や家族と過ごしたり、ひとりでいたりします。でも彼には用事が、とか言います。てへ

花火の音聞いてて、彼のこと思い出す。この瞬間しあわせ。てへへ